メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バドミントン

世界選手権 日本メダル6、最多タイ 渡辺・東野組、混合複で初

 バドミントンの世界選手権第5日は23日、スイスのバーゼルで各種目の準々決勝があり、日本勢は過去最多だった前回大会と並ぶメダル6個が確定した。

 混合ダブルス世界ランキング3位の渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)は2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルのチャン・ペンスン、ゴー・リュウイン組(マレーシア)に逆転勝ちし、同種目で日本勢初のメダル獲得を決めた。男子シングルス2連覇を目指す同1位の桃田賢斗(NTT東日本)は同13位のマレーシア選手に、女子シングルスで2年ぶりの優勝を目指す同4位の奥原希望(太陽ホールディングス)は前回銅メダルの何氷嬌(中国)にいずれもストレート勝ち。女子ダブルスは2大会連続銀メダルで同3位の福島由紀、広田彩花組(アメリカンベイプ岐阜)が同6位の李紹希、申昇〓組(韓国)に2-1で競り勝ったが、リオ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は同7位の中国ペアに1-2で敗れてメダルを逃した。今大会、3位決定戦は行われないため、準決勝進出で銅メダル以上が確定した。【バーゼル小林悠太】

この記事は有料記事です。

残り1096文字(全文1557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  4. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  5. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです