メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊、根拠成立に責任 旧民族衛生学会認める

 優生保護法(1948~96年)の前身でナチス・ドイツの断種法をモデルにした国民優生法(41~48年)の制定を推進した旧日本民族衛生学会(現・日本健康学会)は23日、優生保護法に引き継がれ、障害者らに不妊手術を強制する根拠となった「優生条項」の成立について、学会の責任を認める理事会報告書をまとめた。国内の複数の医学系学会が優生保護法への関与の歴史についてそれぞれ検証しているが、国が手術を推進し多数の被害が出た原因について責任の一端を認めたのは初めて。

 民族衛生学会は30年に創設され、東京帝国大学教授で生理学者の永井潜氏らを中心に、国内での優生学確立の中心的役割を果たした。2017年の学会名の改称や強制不妊の被害者救済の動きを踏まえ、学会発足からの経緯を検証していた。

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  5. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです