メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

夏休み明けの自殺防ごう 子の悩み、まず受け止めて 親も抱え込まないで

 夏休みが明け学校が始まる時期は、子どもの自殺が増えるとされる。若年層の自殺を減らすことは、日本の喫緊の課題だ。子どもが発するSOSや、学校へ行けずに苦しんだ不登校経験者のメッセージに耳を傾け、どうすべきか考えたい。

 毎年、小中学校の夏休みの終わりが近づくと、小林正幸・東京学芸大教授(教育臨床心理学)のところには、子どもの言動を心配する親からカウンセリングの依頼が来る。「宿題が終わらない」。そう言って学校に行きたがらない子が多いため「手伝えることなどを示し、子どもが選べるようにして」と提案するという。

 文部科学省による小中高校の問題行動調査(2017年度)によると、自殺した児童生徒が置かれていた状況…

この記事は有料記事です。

残り2890文字(全文3193文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 皇居近くの首都高でトレーラー炎上

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです