メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

夏休み明けの自殺防ごう 子の悩み、まず受け止めて 親も抱え込まないで

 夏休みが明け学校が始まる時期は、子どもの自殺が増えるとされる。若年層の自殺を減らすことは、日本の喫緊の課題だ。子どもが発するSOSや、学校へ行けずに苦しんだ不登校経験者のメッセージに耳を傾け、どうすべきか考えたい。

 毎年、小中学校の夏休みの終わりが近づくと、小林正幸・東京学芸大教授(教育臨床心理学)のところには、子どもの言動を心配する親からカウンセリングの依頼が来る。「宿題が終わらない」。そう言って学校に行きたがらない子が多いため「手伝えることなどを示し、子どもが選べるようにして」と提案するという。

 文部科学省による小中高校の問題行動調査(2017年度)によると、自殺した児童生徒が置かれていた状況は「不明」が56%で圧倒的に多く、進路や異性、いじめなどの問題が見えていたケースは少数だ。ただ、小林教授は「不登校と自殺は、嫌なことから逃れたい思いが根本にある点でメカニズムは同じ」と指摘し、親をはじめ周囲がそうした兆候に敏感でいる重要性を訴える。

この記事は有料記事です。

残り2766文字(全文3193文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 「新しい県政を、の思いにしっかりと応える」 三反園氏破り鹿児島知事選に当選の塩田氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです