メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ONE・TEAM

ラグビーW杯 開幕まで1カ月/4 オーストラリア LGBT、広く門戸

性的少数者がプレーするラグビークラブ「ブリスベン・ハスラーズ」会長のジェーソン・ギャリックさん。多様性を受容する流れが広がることを願っている=オーストラリア・ブリスベンで

 日の暮れた薄暗いグラウンドに、楕円(だえん)球を追う楽しそうな声が響いた。オーストラリア東部のブリスベンを拠点とするラグビークラブ「ブリスベン・ハスラーズ」。気温10度前後の寒空の下、心地よさそうに汗を流す選手たちの中には性的少数者もいた。

 地域リーグに所属するハスラーズの特色は、ゲイやレズビアン、バイセクシュアル、トランスジェンダーら性的少数者(LGBTなど)に幅広く門戸を開いていることだ。「同性愛者らが安全にスポーツを楽しめる環境作り」を目指し、2004年に設立。メンバー約40人のうち、約7割が性的少数者だ。

 オーストラリアでは、17年に同性婚が合法化されるなど多様性を受容する動きが加速。ハスラーズの会長を…

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文1081文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. ファミマ店員がコンビニ納税を着服 手続き後に取り消す 8件で12万円 石川

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです