メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ONE・TEAM

ラグビーW杯 開幕まで1カ月/4 オーストラリア LGBT、広く門戸

性的少数者がプレーするラグビークラブ「ブリスベン・ハスラーズ」会長のジェーソン・ギャリックさん。多様性を受容する流れが広がることを願っている=オーストラリア・ブリスベンで

 日の暮れた薄暗いグラウンドに、楕円(だえん)球を追う楽しそうな声が響いた。オーストラリア東部のブリスベンを拠点とするラグビークラブ「ブリスベン・ハスラーズ」。気温10度前後の寒空の下、心地よさそうに汗を流す選手たちの中には性的少数者もいた。

 地域リーグに所属するハスラーズの特色は、ゲイやレズビアン、バイセクシュアル、トランスジェンダーら性的少数者(LGBTなど)に幅広く門戸を開いていることだ。「同性愛者らが安全にスポーツを楽しめる環境作り」を目指し、2004年に設立。メンバー約40人のうち、約7割が性的少数者だ。

 オーストラリアでは、17年に同性婚が合法化されるなど多様性を受容する動きが加速。ハスラーズの会長を務めるジェーソン・ギャリックさん(32)も、クラブを取り巻く環境の変化を感じている。試合には多くの観客が集まり、性的少数者のスポーツクラブのロールモデルとして、他競技の関係者からも問い合わせがある。ギャリックさんは「周囲のサポートが厚くなり、僕らへの見方は変わってきた」と語る。同様のクラブは国内に数…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文1081文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです