メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州新幹線

長崎ルート 新鳥栖-武雄温泉間、アセス費見送りへ 国交省概算要求

 国土交通省は23日、2020年度予算の概算要求で、九州新幹線長崎ルート・新鳥栖-武雄温泉(佐賀県)のフル規格化に向けた環境影響評価(アセスメント)費の計上を見送る方針を固めた。金額を明示しない「事項要求」としても盛り込まない方向だ。今後の協議で着手の環境が整えば、年末の予算編成過程で必要額を計上する考え。

 フル規格での整備に強く反対している佐賀県に配慮した。要求見送りは異例の対応となるが、本格的な調査に…

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文404文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  2. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  3. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

  4. インフルエンザ 広島市が注意報 /広島

  5. 世界の雑記帳 捨て犬かと思ったら、純血種のディンゴ 豪民家の裏庭で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです