メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

岩屋毅防衛相=首相官邸で、川田雅浩撮影

[PR]

 岩屋毅防衛相は24日、北朝鮮が24日朝に弾道ミサイル2発を発射したことを明らかにした。防衛省で記者団に語った。韓国が23日に日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を日本側に通告したことに関連し、岩屋氏は「北朝鮮は地域の情勢をしっかり見ている。間隙(かんげき)を突いたということではないか」と指摘した。

 防衛省によると、北朝鮮は24日朝、同国東岸から弾道ミサイル2発を相次いで発射した。ミサイルはそれぞれ約400キロと約350キロ飛んで、日本海上に落下した。防衛省は、落下地点が日本の領海や排他的経済水域(EEZ)の外だと推定しており、岩屋氏は「我が国の安全保障にただちに影響はない」と述べた。【田辺佑介】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです