メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米FRB議長、9月追加利下げ示唆 世界経済「減速兆候」「適切に対応」

パウエルFRB議長=AP

[PR]

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は23日、米ワイオミング州ジャクソンホールで講演し、FRBが7月末に利下げを決めた後の世界経済について「減速している兆候がみられる」と指摘したうえで「米景気拡大を維持するために適切に行動する」と述べ、9月にも追加利下げに踏み切る可能性を示唆した。

 FRBは7月30、31日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、米中貿易戦争や世界経済の減速リスクを理由に約10年半ぶりの利下げを行った。パウエル氏は講演で、利下げ後の3週間は「波乱に富んでいた」と指摘。トランプ政権による新たな対中追加関税の発表や、ドイツや中国の景気減速などを挙げ、「この混乱した状況で金融市場は不安定化している」と景気先行きリスクに警戒感を示した。

 米経済が堅調に成長するなかでの追加利下げについてFRB内部の賛否は大きく割れている。一方、金融市場では追加利下げ観測が広がり、トランプ大統領は「短期間で1%超の利下げ」を要求するなど政治的圧力を強めており、パウエル氏は難しいかじ取りを迫られている。

 パウエル氏は講演で「貿易摩擦の不確実性に対処するのは金融政策の新たな課題だ。現在の状況に対応した最近の前例はない」と語り、FRBが難しい政策判断を迫られている現状を説明した。【ワシントン中井正裕】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 停電続く千葉・館山と南房総市に大雨で避難勧告

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  5. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです