メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米貿易交渉「方向性を共有」 G7での首脳会談後に合意日程発表か

茂木敏充経済再生担当相=川田雅浩撮影

[PR]

 日米両政府は23日、茂木敏充経済再生担当相と米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が貿易協定締結に向けた閣僚級協議を開き、3日間の協議日程を終えた。茂木氏は協議後、記者団に「大きな進展を見ることができた。ライトハイザー代表と方向性を共有した」と述べ、自動車や農産品関税など日米で対立する課題を決着する道筋がついたとの認識を示した。

 日米両政府は24~26日にフランス南西部ビアリッツで行われる主要7カ国(G7)首脳会議に合わせて日米首脳会談を開く。茂木氏は首脳会談で貿易交渉の進捗(しんちょく)が確認され、会談後に「今後の進め方、(合意時期の)日程が発表されるのではないか」と述べた。また「私とライトハイザー代表との交渉は今回が最後。今後は事務レベルで作業する」として、交渉が大きなヤマ場を越えたとの認識を示した。【ワシントン中井正裕】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 前田、鈴木が東京五輪代表に内定 マラソン女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです