メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米貿易交渉「方向性を共有」 G7での首脳会談後に合意日程発表か

茂木敏充経済再生担当相=川田雅浩撮影

[PR]

 日米両政府は23日、茂木敏充経済再生担当相と米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が貿易協定締結に向けた閣僚級協議を開き、3日間の協議日程を終えた。茂木氏は協議後、記者団に「大きな進展を見ることができた。ライトハイザー代表と方向性を共有した」と述べ、自動車や農産品関税など日米で対立する課題を決着する道筋がついたとの認識を示した。

 日米両政府は24~26日にフランス南西部ビアリッツで行われる主要7カ国(G7)首脳会議に合わせて日米首脳会談を開く。茂木氏は首脳会談で貿易交渉の進捗(しんちょく)が確認され、会談後に「今後の進め方、(合意時期の)日程が発表されるのではないか」と述べた。また「私とライトハイザー代表との交渉は今回が最後。今後は事務レベルで作業する」として、交渉が大きなヤマ場を越えたとの認識を示した。【ワシントン中井正裕】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 伏兵中村の歓喜 内に秘めた「主役交代」の誓い MGC

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです