メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【16時~】解説動画・ユキコの部屋「3万年前の航海」

除草剤で「無差別被害」 イスラエル、ガザ境界線に散布 健康被害懸念

境界から2キロ以上離れた農地で「除草剤はここまで風に運ばれてくる」と言うアブアフマドさん=ガザ市東部で2019年8月18日午後、高橋宗男撮影

 パレスチナ自治区ガザ地区を舞台にパレスチナ側、イスラエル側双方で2300人近い死者を出した大規模戦闘は、26日で停戦合意から5年を迎える。停戦に伴いイスラエルは、ガザ地区側からの「テロリストの侵入」に備え視界を確保するためと主張し、境界線付近の草木を枯らす除草剤の散布を開始。パレスチナ側では畑地の作物が枯れ、農民たちは「農場戦争が続いている」と被害を訴えている。【ガザ市で高橋宗男】

 停戦合意後も、ガザ地区を実効支配するイスラム組織ハマスと、地区を封鎖するイスラエル軍との間でロケッ…

この記事は有料記事です。

残り860文字(全文1103文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 処理水放出「誰か言わねば。捨て石でいい」 原田氏、持論再び

  4. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです