メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知症の父どこへ 帰り待ち続け11年、欠かさず陰膳を用意 青森・三戸

行方不明になっている桑添正夫さん(家族提供)

 昨年に全国の警察に届け出があった認知症の行方不明者は、警察庁が統計を取り始めた2012年以降最多の1万6927人に上り、年々増加している。青森県三戸町ですし店を営んでいた桑添正夫さん(当時77歳)も11年前に認知症で行方が分からなくなった。父の跡を継いだ次男、正之さん(55)と妻京子さん(86)は毎日、欠かさず陰膳を用意し、「今どこにいますか」と帰りを待ち続ける日々を送る。【岩崎歩】

 桑添さんがいなくなったのは08年11月29日。この日、正之さんと京子さんは桑添さんを連れて町内の祭…

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文858文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  3. 長男殺害の元農水次官「かわいそうな人生を送らせた」被告人質問で涙

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 2019年ヒット商品ベスト30 1位は女性も着る作業着「ワークマン」 2位は「タピオカ」 3位は「PayPay」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです