メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ご当地アイドルは「ブラック労働」 パワハラや性的関係強要…8割「不当な扱い受けた」

アイドルのステージを応援する人たち(一部画像を加工しています。本文とは関係ありません)

 全国各地の「ご当地アイドル」や主に小規模会場でライブする「地下アイドル」を対象に実施したアンケート調査で、約8割が所属事務所から「不当な扱いを受けた」と回答していることが分かった。約3割が事務所との契約書がないなど、全国で1万人とも言われるアイドルの“ブラック”化が深刻化している状況が浮き彫りになった。

 芸能人の権利擁護に取り組む弁護士グループ「日本エンターテイナーライツ協会」(東京)が1月から、インターネット上で調査。地下アイドルやご当地アイドル、元アイドルら66人から回答を得た。弁護士らは、松山市を拠点とするご当地アイドルグループのメンバーが昨年自殺し、所属事務所側のパワハラや過重労働が原因として損害賠償を求める訴訟を起こした遺族側の弁護を担っている。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文842文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. スイッチとセットの「リングフィット アドベンチャー」 11月20日発売へ 任天堂

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです