メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

眠れる鉱物標本、最新技術で脚光 京大「比企コレクション」

1910年に撮影された京都帝国大の鉱物標本室。比企コレクションが陳列されていた=京都大総合博物館提供

 質・量ともに国内最高峰とされながら、学術界でも存在が長く忘れられていた「比企(ひき)コレクション」と呼ばれる鉱物標本を、所蔵する京都大総合博物館(京都市左京区)が半世紀ぶりに調査し、データベース化を進めている。鉱物学者の比企忠(ただす)(1866~1927年)が集めた隕石(いんせき)など約1万点で保存状態が良く学術的価値が高い。最新技術で分析することで、宇宙探査や地球内部に関する新発見につながる可能性があるという。

 京都帝国大(現京大)の工学部採鉱冶金(やきん)学科教授だった比企が国内外から収集した。1904年に…

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文834文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. ことば AYA世代

  4. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

  5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです