メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道・江別でヒグマ被害 牧場の飼料食い荒らされる

[PR]

 24日午前8時ごろ、北海道江別市西野幌の小林牧場で乳牛の飼料用トウモロコシが食い荒らされ、ヒグマの足跡も残っているのを経営者の小林智行さん(50)が見つけ、江別署に110番した。

 牧場のすぐ北側には、6月に1941年以来78年ぶりにヒグマが目撃され、その後も目撃情報が相次いだ道立野幌森林公園がある。同署は同じ個体が出没した可能性もあるとみて、調べている。

 小林さんによるとトウモロコシは来月に収穫を控えており、約30平方メートル分が数日間にわたり食い荒らされた様子だった。被害額は約6万円に上る。小林さんは「畑がヒグマの被害を受けたのは初めてで、非常に残念。これ以上被害が増えないよう、市に早急に対策を取ってほしい」と話した。

 同日午後2時ごろには、牧場から約1キロ離れた市道を車で通りかかった女性が道路上を走るヒグマ1頭を目撃し、江別署に通報した。【土谷純一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです