メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

ショーケン、水谷豊、天気の子…「消えゆく聖地」代々木会館

解体工事が始まる代々木会館=東京都渋谷区で2019年6月、油井雅和撮影

 代々木会館の解体工事が始まると聞いて、「これは撮らないと」と、とにかく写真を撮ってきた。代々木は予備校の街から、すっかりビジネス街へと変わっていた。同じようにスマホで撮影する人が数人ずつ、代わる代わるやってくる。年輩の男性もいれば、若い人も。

 JR代々木駅のすぐ近くに建つ代々木会館(東京都渋谷区代々木1)。その名を知らなくても、写真を撮りに来た年輩の人と若者にとっては思いの深い、6階建ての雑居ビルだ。

 若い人が足を運ぶのは、現在ヒット中の新海誠監督の映画「天気の子」で登場するから。ヒロインの天野陽菜…

この記事は有料記事です。

残り1344文字(全文1597文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. ORICON NEWS 急性白血病で闘病中の岡村孝子、インスタで退院を報告 ファンから祝福の声

  4. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  5. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです