メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

函館生まれの舞踏の誇り ギリヤークさん故郷で踊る 津軽三味線に乗せ

最後の演目「念仏じょんがら」で鬼気迫る踊りを見せるギリヤークさん=北海道函館市で2019年8月24日、山田泰雄撮影

 半世紀以上街頭で創作舞踊を続ける大道芸人、ギリヤーク尼ケ崎さん(89)が24日、出身地の北海道函館市の中心部で、津軽三味線奏者の二代目高橋竹山さんと初共演した。力強い三味線の音と共に「祈りの踊り」と呼ばれる舞踏を観客約600人が見守り、拍手と共に多くの投げ銭が飛んだ。

 「できる限りの芸を精魂込めてやります。…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文374文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです