メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きらめく光の中に浮かぶ大鳥居 宮島水中花火 東京五輪で来年は中止へ

次々と海上で打ち上げられる花火=広島県廿日市市で2019年8月24日午後7時45分、山田尚弘撮影(長時間露光)

[PR]

 世界文化遺産・厳島神社(広島県廿日市市)沖で24日、恒例の「宮島水中花火大会」があった。海上の台船から花火約5000発が打ち上げられ、保存修理工事のために足場などが組まれている大鳥居のシルエットが光の輪に浮かび上がった。

 今年で47回目。名物の水中花火は、うち150発で、船から海中に投げ込まれると、「ドン」という音とともに光の筋が半球状に広がり歓声が上がった。

 来年の大会は、東京五輪・パラリンピックと開催時期が重なり、警備に当たる警察官や警備員の確保が難しいとして、既に中止が決まっている。【山田尚弘】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. ORICON NEWS 高橋留美子くくりで『全るーみっくアニメ大投票』受付開始だっちゃ

  3. 優里被告、両親に虐待明かさず 孤立深めたか 目黒虐待3日に母初公判

  4. 松井・大阪市長「汚染処理水の受け入れ」可能性に言及

  5. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです