メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ORICON NEWS

羽生結弦、松任谷由実の「春よ、来い」に乗せて華麗なスケーティング

情報提供:ORICON NEWS

松任谷由実らとのアイスショーを成功させた羽生結弦(右) (C)日本テレビ
 フィギュアスケートの羽生結弦選手、シンガー・ソングライターの松任谷由実が24日、日本テレビ系毎夏恒例『24時間テレビ42』(後6:30~翌後8:54)内で放送された企画「羽生結弦と松任谷由実が共演 被災地・北海道に 春よ、来い」に出演した。

【画像】カラバリは5色! 嵐・大野智デザインのチャリTシャツ

 6月下旬、羽生は北海道・厚真町へ向かい、町の名産・ハスカップを栽培している山口善紀さんと対面。厚真町は昨年のハスカップの生産量日本一。一方で、畑の一角には土嚢(どのう)が積み上げられていた。地震で裏山が崩れ、元に戻るには約10年かかるという。羽生選手は作業場を見学し、ハスカップのスムージーも味わった。

 一方、松任谷が訪ねたのは町民吹奏楽団の練習場。今回のアイスショーで、厚真町民吹奏楽団が冒頭に演奏したが、指揮者としてメンバーをまとめてきた松下一彦さんが地震で土砂崩れに遭い、息子さんとともに帰らぬ人となった。大黒柱でムードメーカーだった松下さんを失い楽団は活動を休止。一時は、解散も考えたが「地震で被害を受けた時こそ頑張るのが町の楽団の使命」、松下さんならきっとそう言ったはずとの思いから震災から約3ヶ月後、地元の保育施設のクリスマス会で活動を再開した。

 アイスショーは、山口さんをはじめ被災地・厚真町の住民約400人を招待。楽団による演奏で開幕し、さらに、ピアニスト・清塚信也のアレンジと演奏による「春よ、来い」を松任谷が歌う中、羽生選手が華麗な滑りを披露した。被災地の住民たちの笑顔と涙、そしてあたたかな拍手が会場を包む中、羽生選手は「春が来るようにと思って滑ることができました。ありがとうございます」と締めくくっていた。

情報提供:ORICON NEWS

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです