メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高野山競書大会

関東地区入賞作品展 書家4人、迫力の揮毫 きょうまで港区 /東京

大勢のファンの前で揮毫する鬼頭墨峻さん=港区高輪の高野山東京別院で

 第54回高野山競書大会(高野山金剛峯寺主催、高野山書道協会主管、毎日新聞社など後援)の関東地区の入賞作を紹介する作品展が25日まで、港区高輪の高野山東京別院で開かれている。今年の競書大会には、全国から11万8000点を超す応募があり、同別院には最高賞の弘法大師賞受賞の江戸川区立小岩第三中2年、石川真衣さんらの優秀作品約700点が展示された。

 24日には本堂で毎日書道会理事の鬼頭墨峻(ぼくしゅん)さんら4人による席上揮毫(きごう)が行われ、…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  5. トランプ氏再選なら安倍首相も4選を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです