メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

世界選手権 川井姉妹「五輪出場狙う」 津幡町長に抱負 /石川

中学生から寄せ書きを受け取り、笑顔を見せる川井梨紗子選手(左端)と友香子選手(右端)=石川県津幡町役場で、日向梓撮影

 カザフスタンで来月開催されるレスリングの世界選手権に出場するリオデジャネイロ五輪63キロ級金メダリストの川井梨紗子選手(24)=ジャパンビバレッジ=と、妹の友香子選手(21)=至学館大=が24日、地元の津幡町役場で矢田富郎町長らを表敬訪問した。2人は「姉妹で五輪出場の夢まであと一歩。世界選手権でもしっかり戦う」と口をそろえた。

 五輪初出場を目指す友香子選手は6月の全日本選抜選手権の62キロ級で優勝。梨紗子選手は先月の代表選考プレーオフの57キロ級で伊調馨選手(35)=ALSOK=に競り勝ってそれぞれ世界選手権への切符を手にした。世界選手権で3位以内に入れば、来年の東京五輪出場が決まる。 矢田町長と母校の町立津幡中学校の生徒らが、梨紗子選手の好物の梅ジュースや寄せ書きなどを贈呈して激励。梨紗子選手は「世界選手権では自分の…

この記事は有料記事です。

残り58文字(全文423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  2. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  3. 山梨のキャンプ場女児不明 両親が新たな写真を公開 

  4. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです