メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと・しずおか

信金は地域と一緒に活動 しんきん経済研究所理事長 俵山初雄さん(68) /静岡

俵山初雄さん

 浜松信用金庫(現浜松いわた信用金庫)に42年間勤めた。2015年に退職してからは信用金庫のネットワークを生かし、県西部地域経済の発展に寄与するシンクタンク、一般財団法人「しんきん経済研究所」(浜松市)の理事長を務める。

 「大学卒業後は信金に入ろうと思った。崇高な理念があったわけではなく、一人息子だったので掛川市の実家から通えるところがいい。転勤がある都市銀行は考えなかった」と振り返る。メガバンクや地銀などの株式会社銀行とは異なり、信用金庫、信用組合は営業エリアが限定される。「信金は海外は関係ない。地域で勝負する」。地域への思いは人一倍強い。

 16年2月から始まったマイナス金利政策で業界に激震が走った。金融機関が日銀に預けているお金の一部に…

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文1042文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです