メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和菓子めぐり

伊賀、名張 いせや 明治から餅が自慢 /三重

榊莫山さんが書いた「いせや」の看板の下に立つ丸山高さん=三重県伊賀市上野新町で、大西康裕撮影

 店舗入り口の上に書家の榊莫山さん(1926~2010)の筆による「いせや」の看板が掛かる。店の向かいは、「天神さん」の愛称で親しまれ、「上野天神祭のダンジリ行事」(ユネスコ無形文化遺産登録)で知られる菅原神社だ。

 こうした伊賀の文物に恵まれた店頭に並ぶ菓子の一つに「茶わらび餅」がある。わらび粉をふんだんに使い、抹茶を入れてアクセントをつけている。今店頭にあるのは、きな粉は別袋にして購入者にふりかけてもらう夏バージョン。秋~春はき…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

  5. 全国最大規模のアリーナ、大阪府が整備へ 万博前の開業目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです