メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和菓子めぐり

伊賀、名張 いせや 明治から餅が自慢 /三重

榊莫山さんが書いた「いせや」の看板の下に立つ丸山高さん=三重県伊賀市上野新町で、大西康裕撮影

 店舗入り口の上に書家の榊莫山さん(1926~2010)の筆による「いせや」の看板が掛かる。店の向かいは、「天神さん」の愛称で親しまれ、「上野天神祭のダンジリ行事」(ユネスコ無形文化遺産登録)で知られる菅原神社だ。

 こうした伊賀の文物に恵まれた店頭に並ぶ菓子の一つに「茶わらび餅」がある。わらび粉をふんだんに使い、抹茶を入れてアクセントをつけている。今店頭にあるのは、きな粉は別袋にして購入者にふりかけてもらう夏バージョン。秋~春はき…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱重工広島vs日本新薬 第8日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗

  2. 改造スクールバスで「移動式ウエディング」 3密回避 名所巡りライブ配信も 北海道

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 横綱の休場続きで重み揺らぐ角界番付 21年は新時代の幕開けか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです