メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

View+

変わる労働者の町 西成「冨士屋ロッカー」 残された荷物に人生 /大阪

整然と並ぶ貸しロッカー。サンダルや荷物が入ったビニール袋などが押し込められていた=大阪市西成区の「冨士屋ロッカー」で、久保玲撮影

 JR新今宮駅にほど近い貸しロッカー店「冨士屋ロッカー」(大阪市西成区)。5階建ての同店のビルにはロッカーが約1500台。1974年の創業以来、労働者らの手荷物や身の回りの品を預かることで、その暮らしを支えてきた。貸し出しは月決めで、料金は大きさによって違うが月額800~5000円。3カ月以上利用されなかった場合は、ロッカーの中身を処分している。

 「これは売ろうとしてたもんちゃうかな」。幅30センチ、奥行き50センチ、高さ160センチほどのロッ…

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文827文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです