メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絵はがき

姫路城の美 統合失調症の小野さん、障害者施設と共同製作 城で販売 /兵庫

手すき和紙で作った絵はがきを手にする小野仁美さん(右)=兵庫県姫路市で、幸長由子撮影

 統合失調症患者で絵画などの創作活動を続けている姫路市の小野仁美さん(41)が、精神障害者の通所施設と共同で姫路城の絵はがきを製作し今月、城入城口の売店などで販売を始めた。手すきの和紙に、小野さんが城を精密なタッチで描いた。小野さんは「国内外の観光客に持ち帰ってもらい、城の美しさを多くの人に知ってもらいたい」と期待している。【幸長由子】

 小野さんはかつて、漫画家を目指し、著名な漫画家のアシスタントを務めた。20代で統合失調症を発症。入…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文770文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  4. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  5. 京都の社長、同志社大卒9年連続トップ 近畿6府県でも2位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです