メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医療的ケア

「母親が介護」8割 たん吸引など、ケア必要355人 県、初の実態調査 /香川

 たんの吸引や人工呼吸器の装着など日常生活で何らかの医療的ケアを必要とする人(40歳未満)が県内に少なくとも355人いることが、県による初の実態調査で明らかになった。ケアを中心的に担う「主たる介護者」は母親が8割近くに上る一方、外部の福祉サービスを利用しているケースは少なく、家族の負担軽減や支援態勢が課題として浮かび上がった。【金志尚】

 調査は昨年12月~今年2月、いずれも県内の(1)医療機関940カ所(有効回答率86・2%)(2)介護従事者331人(同28・1%)(3)福祉事業所597カ所(同26%)--に実施した。

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです