サッカー

病気と闘う人の力に J3・讃岐の竹内主将、脳性まひ・寺岡さん慰問 /香川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
寺岡大希さん(左)にサイン入りユニホームを贈る竹内彬選手=香川県善通寺市仙遊町の四国こどもとおとなの医療センターで、潟見雄大撮影
寺岡大希さん(左)にサイン入りユニホームを贈る竹内彬選手=香川県善通寺市仙遊町の四国こどもとおとなの医療センターで、潟見雄大撮影

 サッカーJ3・カマタマーレ讃岐の竹内彬主将(36)が24日、善通寺市仙遊町の「四国こどもとおとなの医療センター」を訪れ、脳性まひで入院している寺岡大希さん(11)にユニホームなどをプレゼントした。

 寺岡さんは生まれた直後から昏睡(こんすい)状態が続いている。父和彦さん(46)と母美枝さん(41)がカマタマーレ…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文390文字)

あわせて読みたい

注目の特集