メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米貿易交渉

大枠合意 農産物、TPP水準に

 日米両政府は23日、貿易協定締結に向けて米ワシントンで開いていた閣僚級協議を終え、自動車や農産物の関税など主要論点について大枠合意に達した。茂木敏充経済再生担当相は協議後の記者会見で「日本の農業をしっかり守る立場で交渉できた」と述べ、農産物の市場開放は環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の水準内に収めた模様だ。自動車についても一定の合意を得られた。

 フランスで25日に開かれる日米首脳会談で内容を確認して、新たな貿易協定締結に向けた日程を示す方針だ。日米両政府は9月に一定の合意を目指しており、4月に始まった協議は早期妥結の可能性が出てきた。

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文921文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「緊急事態」期間は1カ月程度か 首都圏4都県、大阪、兵庫軸に

  2. 緊急事態宣言、発令後も自粛頼み 施設使用停止などに法的根拠 放送局ににらみも

  3. 千葉県で妊娠女性の感染確認 松戸ではヤマト運輸支店で感染拡大 新型コロナ

  4. タレントのゴリけんさん、新型コロナ感染

  5. 首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ感染拡大受け 7日にも発令決断

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです