メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

標本保存・研究の使命 日本に自然史博物館を=長谷川眞理子・総合研究大学院学長

=根岸基弘撮影

 暑い夏である。今年の夏休みも、子どもたちはいろいろなところに連れていってもらっただろうか。博物館、とくに大きな恐竜の骨格などがある自然史博物館は、今も昔も、子どもたちの人気の場所であろう。世界でもっとも有名な自然史博物館といえば、ロンドンにある大英自然史博物館だ。私も大好きな場所の一つで、英国に行ったときには、時間の許す限り一度は必ず訪れる。パリの自然史博物館、アメリカのスミソニアン博物館なども、素晴らしいところだ。

 自然史、ナチュラルヒストリーとは、この地球上に存在するさまざまな動植物や地質・鉱物などを記載し、研…

この記事は有料記事です。

残り1435文字(全文1696文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです