メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

標本保存・研究の使命 日本に自然史博物館を=長谷川眞理子・総合研究大学院学長

=根岸基弘撮影

 暑い夏である。今年の夏休みも、子どもたちはいろいろなところに連れていってもらっただろうか。博物館、とくに大きな恐竜の骨格などがある自然史博物館は、今も昔も、子どもたちの人気の場所であろう。世界でもっとも有名な自然史博物館といえば、ロンドンにある大英自然史博物館だ。私も大好きな場所の一つで、英国に行ったときには、時間の許す限り一度は必ず訪れる。パリの自然史博物館、アメリカのスミソニアン博物館なども、素晴らしいところだ。

 自然史、ナチュラルヒストリーとは、この地球上に存在するさまざまな動植物や地質・鉱物などを記載し、研…

この記事は有料記事です。

残り1435文字(全文1696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです