メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きしむ日韓

軍事協定破棄 情報共有遅れリスク

日韓GSOMIAに基づく情報共有のイメージ

 韓国による日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄決定は日本の安全保障に悪影響を及ぼしかねない。北朝鮮は日韓連携を試すかのように弾道ミサイルを発射した。日本政府は韓国政府に先んじて第一報を発表。破棄された後も影響は限定的にとどまることをにじませ、米国との連携を基にした情報収集能力の高さを示した。ただ、破棄により日韓の迅速な情報共有ができなくなるリスクをはらんでいる。

この記事は有料記事です。

残り2784文字(全文2972文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  3. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  4. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  5. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです