メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

落日の名門政党

/中 カーストより「インド」 ナショナリズム「低位」にも浸透

有権者のリストを見せるD・K・チョードリーさん(中央)=インド北部バグパットで2019年8月7日、松井聡撮影

 インド北部ウッタルプラデシュ州バグパット郊外。サトウキビ畑の中に数十の家が並ぶ。農民のカースト「ジャート」を中心とする集落だ。同州のジャートの多くは1970年代後半に国民会議派から地域政党への支持に変わった。さらに2014年にモディ首相が中央政界に進出して以降、与党インド人民党(BJP)の支持者が急増。一方、会議派はジャートをはじめ失った支持層を取り戻せずにいる。

 14年に地域政党からBJPの党員に移ったジャートのD・K・チョードリーさん(51)は周辺の集落を回…

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1179文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  3. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  4. 茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです