メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京パラリンピック

あと1年 注目の選手 22競技4400人熱戦

パラ陸上の日本選手権女子100メートルで力走する村岡桃佳=6月2日、猪飼健史撮影

 2020年東京パラリンピックは、25日で開幕まで1年となった。20年8月25日から9月6日まで13日間の日程で、全22競技540種目に史上最多の4400人が参加する。開会式(8月25日)と閉会式(9月6日)はともに午後8~11時、新国立競技場で行われる。期間中最初の日曜日となる8月30日は、日本が昨年の世界選手権で優勝して金メダルが期待される車いすラグビーなど最多63種目の決勝がある。

 大会終盤の9月4日には車いすテニスの女子シングルス、5日は男子シングルスの決勝がある。ともに既に代表に内定した女子の上地結衣(三井住友銀行)、男子の国枝慎吾(ユニクロ)が金メダルを目指す。

この記事は有料記事です。

残り3080文字(全文3370文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです