日米貿易交渉

大枠合意 農産物、TPP水準に 予断許さず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ■解説

 日米貿易交渉は23日まで開かれた閣僚級協議の結果、大枠合意に至った。日本は米国産農産物の関税引き下げで環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の水準を死守し、一定の成果を残せそうだ。一方、日本が求めた自動車分野の市場開放は厳しい交渉をうかがわせた。

 茂木敏充経済再生担当相は協議後の記者会見…

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文357文字)

あわせて読みたい

注目の特集