メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

ベビーフード、普段使い定着

和光堂から発売される新ブランド「WAKODO GLOBAL」の離乳食

 <くらしナビ ライフスタイル>

 ベビーフードの売れ行きが好調だ。年間出生数は減少傾向が続くが、共働き世帯の増加や加工食品への抵抗感が薄れていることなどが後押ししているようだ。9月には新商品が相次いで投入されるなど、市場は活性化している。

 ●手間かかる食材で

 「まぐろと野菜の五目ごはん」や「ミートスパゲティ(レバー入り)」。食品メーカー「キユーピー」(東京都渋谷区)が販売するベビーフードは、家庭で調理しにくい鶏レバーやマグロを使ったメニューが並ぶ。商品開発を担当する潤(うるい)真奈美さんは「軟らかく煮込む、細かく切るなど、手作りすると手間がかかる食材を使っています。働いていると離乳食のストックを作るのは大変。負担がかかる食材をベビーフードで補ってもらえれば」と話す。

 国内でベビーフードを製造販売する主要6社でつくる「日本ベビーフード協議会」(東京都千代田区)による…

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1379文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 小中学校 進む熱中症対策 登下校時、プール…新たな課題も

  3. 116歳で世界最高齢の女性へ記念品 敬老の日に福岡知事

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. かべちょろ 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです