メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仕事の現場

救急・外傷外科医 松本尚さん 待ったなしでやる手術はダイナミック

救急・外傷外科医の松本尚さん=千葉県印西市の日本医大千葉北総病院で2019年7月31日、根岸基弘撮影

 日本医大千葉北総病院1階の5畳ほどの部屋には、8台のモニターが所狭しと並ぶ。映し出すのは、周辺の地図や天候。そこは、急病人や外傷患者の救助に向け、ヘリコプターで現場に医師や看護師を派遣するための指令室だ。梅雨が明けた途端、猛暑に見舞われた7月末。「熱中症疑い、83歳の女性です!」。現場と病院とのやりとりが無線を通じて流れてきた。

 千葉北総病院救命救急センターが全国に先駆け2001年から始めたドクターヘリ事業に、準備段階から携わ…

この記事は有料記事です。

残り965文字(全文1181文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです