メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

参院選後に官邸でデキ婚発表 某方面の都合に乗っかるテレビ

=松尾貴史さん作

 テレビの報道・情報番組では、あおり運転の報道が執拗(しつよう)に、多くの時間を割いて繰り返し流された。テレビを見る時間の少ない私がこれほど何度も何度も「もういいよ」と思うほど見せられたのだから、相当の数だろう。危険運転は社会的に大きな問題ではあるけれど、今回の取り上げられ方はどう見ても容疑者たちのキャラクターの「動画映え」があったからに他ならない。

 現時点では最も影響力のあるテレビという公共性が高く求められるメディアでは、本来報じていただかなくてはならない出来事や動きがわんさかあるにもかかわらず、水が低きに流れるごとく、下世話な好奇心と怒りをあおる情報ばかりが紹介される。

この記事は有料記事です。

残り1111文字(全文1401文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相の資産6277万円 内閣平均1億651万円 閣僚ら資産公開

  2. 下地幹郎衆院議員、自民沖縄県連に復党願 IR汚職巡り維新から除名処分

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです