メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「県民優先、上田県政継承」で伸び悩み克服 大野氏 埼玉知事選初当選

当選確実の知らせを受け、支援者らと万歳する大野元裕氏(中央)=さいたま市浦和区で2019年8月25日午後10時30分、大平明日香撮影

 16年ぶりの新人対決となった埼玉県知事選は、野党各党の県組織などの支援を受け、上田清司知事もバックアップした元参院議員、大野元裕氏(55)が、自民、公明が推薦するスポーツライター、青島健太氏(61)との激戦を制した。

 大野氏が当選確実との一報が流れると、さいたま市浦和区の事務所は拍手と歓声に包まれた。真夏の選挙戦で日焼け…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文406文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 参院新人議員に聞く 改憲の旗ふった安倍首相側近を落選させた

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです