メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

当選確実の知らせを受けて、支援者から花束をもらう大野元裕氏(右)=さいたま市浦和区で2019年8月25日午後10時17分、大平明日香撮影

 立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党は、10月の参院埼玉選挙区補選や次期衆院選での野党の連携強化に向け、弾みが付くと期待する。

 国民の玉木雄一郎代表は25日夜、「次期衆院選に臨む我々にとっても大きな展望を切り開くものとなった。より一層の野党連携を進める」などとする談話を発表した。

 立憲の長妻昭選対委員長は、毎日新聞の取材に「各党がばらばらに候補者を立てず、連携できた」と勝因を分析。参院補選でも「野党…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです