メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「英首相は合意なしの男になるのか」 EU大統領、G7会談でけん制

 英国のジョンソン首相とトゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)が25日、主要7カ国首脳会議(G7サミット)が開かれているフランス南西部ビアリッツで会談した。ジョンソン氏の首相就任以来初めての英EUの会談となり、両首脳は期限が10月末に迫った英国のEUからの離脱を巡って、駆け引きを繰り広げている。

 会談でジョンソン氏は「合意なき離脱」も辞さない構えを示す一方で、これまでにトゥスク氏に書簡を送り、アイルランド国境管理に関する条項を離脱協定から削除するよう求めてきた。ジョンソン氏が求めているのは、英国のEU離脱後も国境管理を復活させないで済む具体策が見つかるまで英国をEUの関税区域にとどめる「安全策」の撤廃だ。

 撤廃に否定的なトゥスク氏は24日の記者会見で、「ジョンソン氏がミスター・ノーディール(合意なし)と…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文804文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです