メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G7 危うい経済協調 貿易戦争リスク要因

G7サミット議長国のマクロン仏大統領(前左)とトランプ米大統領(右前)、安倍晋三首相(右端)=仏南西部ビアリッツで25日、AP

 フランス南西部ビアリッツで始まった主要7カ国首脳会議(G7サミット)は、世界経済をテーマに討議した。深刻化する米中貿易戦争や英国の欧州連合(EU)離脱問題などを背景に世界経済の先行き懸念は強まっているが、保護主義的な政策を続ける米国と他の首脳との足並みは乱れたまま。外交・安全保障分野でもイランへの対応を巡り米国と欧州諸国との溝は埋まっていない。

 「米国は(各国首脳から)敬意を払われている」。トランプ米大統領は討議に先立つジョンソン英首相との会…

この記事は有料記事です。

残り2070文字(全文2294文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  3. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  4. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  5. リツイートは「賛同」? 橋下氏・岩上氏の訴訟 指先一つで名誉毀損に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです