メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米英、特別な関係演出 EU離脱後見すえ G7 IT課税など対立残る

 英国のジョンソン首相は、フランス南西部ビアリッツで開かれている主要7カ国首脳会議(G7サミット)でトランプ米大統領と初会談するなど、本格外交デビューを果たした。ジョンソン氏は10月末に期限の迫った英国の欧州連合(EU)からの離脱後に各国と自由貿易協定(FTA)を結ぶ考えで、離脱後を見据えた経済大国との緊密な関係作りをアピールする。

 25日に行われた米英首脳会談でトランプ氏は、EU離脱に導くリーダーとしてジョンソン氏が「適任」だと…

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文974文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 池袋ホテル殺人 容疑者、SNSで自殺志願者募る

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです