メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港警察、実弾初めて発砲 けが人なし 「デモ隊に襲われ危険」理由に

[PR]

25日、香港の路上でデモ隊と衝突する警官=AP

 政府への抗議活動が続く香港で25日夜、再び警官隊とデモ隊が激しく衝突した。香港の公共放送RTHK(電子版)は警察当局者の話として、警官が実弾を撃ったと報じた。警察側は「警官が襲われ、命に危険が及んだため」と説明しているという。「逃亡犯条例」改正案を巡り6月初旬にデモが本格化して以降、警察が実弾を撃つのは初めて。

 RTHKなどによると、新界地区で午後8時過ぎ、複数の警察官が若者らに殴られるなどし、応援で駆けつけた警官3人のうち1人が実弾を空に向けて発砲した。殴られた警官5人が負傷して病院に搬送された。デモ隊や市民が発砲で負傷したとの情報は出ていない。

 25日は香港郊外でデモがあり、終了後、一部の若者らと警官隊の間で激しい衝突が起きた。若者らはレンガなどを投げ、警官隊は催涙弾で対抗。さらにドイツ製の放水車を投入し強制排除を図った。【香港・福岡静哉】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. ORICON NEWS 高橋留美子くくりで『全るーみっくアニメ大投票』受付開始だっちゃ

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 特集ワイド 朝鮮語に生きた塚本勲さん、85歳の怒りと執念 隣国理解、まず言葉から 韓国たたきばかりの政治・マスコミ

  5. ミシェル・オバマの生き方に共感広がる 回顧録「マイ・ストーリー」が全世界で1000万部突破

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです