メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貿易戦争への懸念噴出「世界経済の後退」 G7 トランプ氏姿勢変えず

主要国の経済成長率見通し

 フランス南西部ビアリッツで始まった主要7カ国首脳会議(G7サミット)は米中貿易戦争や英国の欧州連合(EU)離脱など経済の下振れリスクへの対応も大きな焦点となった。ただ、保護主義的な政策を続ける米国と他の首脳との足並みは乱れたまま。外交・安全保障分野でもイランへの対応を巡り米国と欧州諸国との溝は埋まっていない。

この記事は有料記事です。

残り2183文字(全文2339文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです