メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「文化で切っても切れないのに政治で対立」K-POPから見る日韓関係

日韓関係が韓流ブームに及ぼす影響について考察する北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院の金成玟准教授=東京都千代田区の毎日新聞東京本社で、大村健一撮影

 徴用工問題や日本政府による半導体材料の輸出管理強化などを巡り、政府レベルで日韓関係がギクシャクする中、一昨年ごろから始まったとされる「第3次韓流ブーム」の勢いは衰えていない。この不思議な状況はなぜなのか。そして今後どうなっていくのか。日韓の文化交流に詳しく、K―POPに関する著作もある北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院の金成玟(キム・ソンミン)准教授に聞いた。【聞き手・大村健一/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り4806文字(全文5019文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです