メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「食べられない」にどう向き合うか 「子どもたちの育ちを信じて」 発達障害と偏食

偏食の体験をもとに絵本「あっくんはたべられない 食の困難と感覚過敏」を出版した菊間章紘さん=東京都東村山市で、塩田彩撮影

 「果物の粒が口の中ではじける刺激が耐え難い」「予想と違う味だと食べられない」……。好き嫌いやわがままで片付けられがちな子どもの偏食について、近年、発達障害に起因する感覚過敏・鈍麻やこだわりの強さなどが関連していることがわかってきた。「食の困難さ」を抱える子どもたちにどう向き合えばいいのだろうか。【塩田彩/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3203文字(全文3370文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

塩田彩

大阪府出身。2009年入社。前橋支局、生活報道部を経て19年5月より統合デジタル取材センター。障害福祉分野を継続的に取材しています。好物は児童文学。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ラグビーW杯、「旭日旗」騒動なしのなぜ?

  5. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです