「食べられない」にどう向き合うか 「子どもたちの育ちを信じて」 発達障害と偏食

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
偏食の体験をもとに絵本「あっくんはたべられない  食の困難と感覚過敏」を出版した菊間章紘さん=東京都東村山市で、塩田彩撮影
偏食の体験をもとに絵本「あっくんはたべられない 食の困難と感覚過敏」を出版した菊間章紘さん=東京都東村山市で、塩田彩撮影

 「果物の粒が口の中ではじける刺激が耐え難い」「予想と違う味だと食べられない」……。好き嫌いやわがままで片付けられがちな子どもの強い偏食について、近年、発達障害に起因する感覚過敏・鈍麻やこだわりの強さなどが関連していることがわかってきた。「食の困難さ」を抱える子どもたちにどう向き合えばいいのだろうか。【塩田彩/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3209文字(全文3378文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集