メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスピリン原料に「完全リサイクル」プラ開発 信大准教授ら

アスピリンの分子模型を持つ高坂泰弘准教授(右)と開発したプラスチックを持つ風間茜さん=長野県上田市常田の信州大繊維学部で、原奈摘撮影

分解に5日 実用化に課題

 プラスチックによる海洋汚染が問題となる中、信州大繊維学部(上田市)の高坂泰弘准教授(高分子化学)と修士2年の風間茜さん(24)が、原料物質にリサイクルできるプラスチックの開発に成功した。材料は頭痛薬や鎮痛剤の主成分アスピリン。実用化できれば石油資源の枯渇やマイクロプラスチックの問題の解決につながる結果に「想定外で、ひょうたんから駒の結果」と本人たちも驚く。【原奈摘】

 もともとは全く別の化学構造のプラスチックを作るために材料を探していた。欲しい構造を持つ物質をデータ…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  4. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  5. 「事故起こし怖く…」ひき逃げ容疑で28歳会社員逮捕 3カ月乳児死亡 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです