サイに襲われたか 多摩動物公園で飼育員倒れ死亡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
インドサイの雄「ビクラム」=多摩動物公園提供
インドサイの雄「ビクラム」=多摩動物公園提供

 25日午前10時50分ごろ、多摩動物公園(東京都日野市)のインドサイの飼育部屋内のおりの外側で、飼育員の浅見準一さん(54)があおむけに倒れているのを同僚が見つけ、119番した。警視庁日野署によると、浅見さんは心肺停止の状態で病院に搬送され、死亡が確認された。左脇腹にあざがあり、サイに襲われた可能性があるとみて調べている。

 同署などによると、サイは推定18歳の雄の「ビクラム」で体高約2メートル、体長約4メートル。足の皮膚病の治療中で、浅見さんの近くには皮膚に塗る薬が落ちていたという。

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文437文字)

あわせて読みたい

ニュース特集