メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サイに襲われたか 多摩動物公園で飼育員倒れ死亡

インドサイの雄「ビクラム」=多摩動物公園提供

[PR]

 25日午前10時50分ごろ、多摩動物公園(東京都日野市)のインドサイの飼育部屋内のおりの外側で、飼育員の浅見準一さん(54)があおむけに倒れているのを同僚が見つけ、119番した。警視庁日野署によると、浅見さんは心肺停止の状態で病院に搬送され、死亡が確認された。左脇腹にあざがあり、サイに襲われた可能性があるとみて調べている。

 同署などによると、サイは推定18歳の雄の「ビクラム」で体高約2メートル、体長約4メートル。足の皮膚病の治療中で、浅見さんの近くには皮膚に塗る薬が落ちていたという。

 事故を受け、同園は25日を臨時休業とした。同日夜に記者会見を開き、浅見さんは飼育担当歴約25年のベテランで昨年4月からビクラムの担当になったとし、動物に薬を塗る場合は通常、おりの外側から食べ物を与えて気をそらすと説明した。おりは施錠してあったが、格子の間隔は約30センチあるという。園を管理する東京動物園協会は事故調査委員会を設置し、事故原因の究明を進める。【岩崎邦宏、安達恒太郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです