メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サイに襲われたか 多摩動物公園で飼育員倒れ死亡

インドサイの雄「ビクラム」=多摩動物公園提供

 25日午前10時50分ごろ、多摩動物公園(東京都日野市)のインドサイの飼育部屋内のおりの外側で、飼育員の浅見準一さん(54)があおむけに倒れているのを同僚が見つけ、119番した。警視庁日野署によると、浅見さんは心肺停止の状態で病院に搬送され、死亡が確認された。左脇腹にあざがあり、サイに襲われた可能性があるとみて調べている。

 同署などによると、サイは推定18歳の雄の「ビクラム」で体高約2メートル、体長約4メートル。足の皮膚病の治療中で、浅見さんの近くには皮膚に塗る薬が落ちていたという。

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文437文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 経済悪化で待ち切れなかった首相の緊急事態解除 経済回復手探り、第2波の懸念

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです