メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サイに襲われたか 多摩動物公園で飼育員倒れ死亡

インドサイの雄「ビクラム」=多摩動物公園提供

[PR]

 25日午前10時50分ごろ、多摩動物公園(東京都日野市)のインドサイの飼育部屋内のおりの外側で、飼育員の浅見準一さん(54)があおむけに倒れているのを同僚が見つけ、119番した。警視庁日野署によると、浅見さんは心肺停止の状態で病院に搬送され、死亡が確認された。左脇腹にあざがあり、サイに襲われた可能性があるとみて調べている。

 同署などによると、サイは推定18歳の雄の「ビクラム」で体高約2メートル、体長約4メートル。足の皮膚病の治療中で、浅見さんの近くには皮膚に塗る薬が落ちていたという。

 事故を受け、同園は25日を臨時休業とした。同日夜に記者会見を開き、浅見さんは飼育担当歴約25年のベテランで昨年4月からビクラムの担当になったとし、動物に薬を塗る場合は通常、おりの外側から食べ物を与えて気をそらすと説明した。おりは施錠してあったが、格子の間隔は約30センチあるという。園を管理する東京動物園協会は事故調査委員会を設置し、事故原因の究明を進める。【岩崎邦宏、安達恒太郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 殺害された小4男児は英語好き、熱心に塾通い 朗らかで雰囲気明るく

  5. 「過去の歴史想起」外務省、かつて旭日旗で注意 五輪で容認と矛盾?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです