メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元「水質ワーストワン」の大和川 水生動物増え水質改善明らかに

奈良大が水生動物の調査を続けている大和川水系の秋篠川中流部=奈良市秋篠町で2019年8月8日、大川泰弘撮影

[PR]

 かつて「水質ワーストワン」とたびたび冠された大和川。奈良大(奈良市山陵町)は、大和川水系の秋篠川と佐保川の計3カ所で水生動物調査を22年にわたって続け、水質が改善していると明らかにした。調査結果をパネルなどを使い、大学博物館で紹介している。9月6日まで。無料。【大川泰弘】

 調査では、学生が川に入って石や砂ごと採取して動物を探した。秋篠川中流部(奈良市秋篠町)と下流部(同市西大寺東町)、秋篠川が合流する佐保川の最下流部(大和川の合流点近くの大和郡山市額田部寺町)で定点観測。1997年から継続してきた。

 大和川の水質指標BOD(生物化学的酸素要求量)は、最悪だった1970年と比較して現在では10分の1近くに改善している。

 水生動物の水質汚濁への耐性は種によって異なるため、川で採取された生物の種類から水質を判定できる。「生物学的水質判定法」という。同大は、採取した水生動物をこの判定法により数値化。秋篠川中流部と下流部では水質改善が明らかになった。佐保川最下流部は変動が大きく、長期的な傾向が判読できなかった。

 清らかな水域に生息するガガンボ科の幼虫が2004年以降、3地点でも出現するようになった。水生植物が豊富な所にしかおらず、佐保川最下流でしか見られなかったテナガエビやスジエビ、ミナミヌマエビが秋篠川の2カ所でも見られるようになったという。

 土日・祝日は休館。8月25日は開館。問い合わせは同大(0742・44・1251)。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです