メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元「水質ワーストワン」の大和川 水生動物増え水質改善明らかに

奈良大が水生動物の調査を続けている大和川水系の秋篠川中流部=奈良市秋篠町で2019年8月8日、大川泰弘撮影

 かつて「水質ワーストワン」とたびたび冠された大和川。奈良大(奈良市山陵町)は、大和川水系の秋篠川と佐保川の計3カ所で水生動物調査を22年にわたって続け、水質が改善していると明らかにした。調査結果をパネルなどを使い、大学博物館で紹介している。9月6日まで。無料。【大川泰弘】

 調査では、学生が川に入って石や砂ごと採取して動物を探した。秋篠川中流部(奈良市秋篠町)と下流部(同市西大寺東町)、秋篠川が合流する佐保川の最下流部(大和川の合流点近くの大和郡山市額田部寺町)で定点観測。1997年から継…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

  5. 平手打ちや蹴り 小学女子バレー監督が体罰か 日小連が再調査指示 大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです