メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒマワリ200万本見ごろ 例年より開花遅め 福島・三ノ倉高原

ヒマワリ畑で記念撮影を楽しむ人々=福島県喜多方市の三ノ倉高原で2019年8月24日、寺町六花撮影

[PR]

 福島県喜多方市の三ノ倉高原で、約6ヘクタールの敷地に植えられたヒマワリ200万本が見ごろを迎えている。

     東日本大震災後、人々を元気づけようと市が植え、毎年多くの観光客でにぎわう。24日は晴天の下、記念撮影を楽しむ家族連れなどで混雑した。夫と初めて訪れた同県郡山市富田町の主婦、井上澄子さん(58)は「こんなにたくさんヒマワリが咲いているのは初めて見た。パワーをもらいました」と笑顔で話した。

     今年は7月の日照不足の影響で開花時期が例年より1週間ほど遅れている。市によると、4区画あるうちの3区画は既に満開を迎えたが、残りの1区画は今月いっぱい楽しめるという。【寺町六花】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

    2. さいたま小4殺害、男児父親の逮捕状 死体遺棄容疑 埼玉県警

    3. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

    4. しまなみ海道サイクル道で画びょうばらまき、自転車31台パンク 愛媛・今治

    5. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです