メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飲酒運転事故 日中が4割 夜間は75%減少 福岡では昼夜逆転も

飲酒運転事故件数と日中の発生割合

 全国の飲酒運転事故の4割が日中(午前6時~午後5時台)に発生し、その割合が年々増加傾向にあることが警察庁のまとめで判明した。厳罰化などにより飲酒運転事故の全体数は大幅に減っているが、夜間に比べ日中の減少幅が小さく、相対的に日中の割合が高まっている。昼間でも飲酒運転をするアルコール依存症患者や規範意識の低いドライバーが一定数いることが背景にあるようだ。

 警察庁によると、福岡市東区の「海の中道大橋」で、飲酒運転による追突事故で幼いきょうだい3人が死亡し、厳罰化の機運が高まった2006年には、全国で1万1627件の飲酒運転事故が起きた。このうち日中が3276件、夜間が8351件で日中の割合は28・2%だった。

この記事は有料記事です。

残り797文字(全文1103文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです