メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最後にささげる無念のヒマワリ「ゆっくり休んで」 京アニ献花台が終了

設置最終日を迎えた献花台を訪れ、花を手向けて涙を拭う男性=京都市伏見区で2019年8月25日午後7時46分、山崎一輝撮影

 京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオの放火殺人事件で、現場近くの献花台の運営が25日で終了する。事件発生2日後の7月20日から同社が設置していたが、1カ月の経過を節目に撤去する。この日も追悼のため、全国から多くのファンらが訪れた。

 同社本社がある京都府宇治市で飲食店を営む西田洋平さん(42)は妻と作った折り鶴約350羽を手に家族4人で訪れた。京アニの社員もたびたび来店し、宇治市が舞台の「響け!ユーフォニアム」については「細かなところまで(描写を)頑張った」と聞いていたという。「社員の皆さんは家族のような集まりだった。悲劇的な事件でいまだに信じられない」と無念そうに話した。

 千葉県松戸市の会社員、坂本昂祐(こうすけ)さん(21)はこの日が誕生日で社会人になって初めての旅行…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文775文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  5. 原田前環境相 処理水海洋放出再び主張 政府小委を批判 AbemaTVで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです