メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「平和の少女像」作家が中止後初、表現の不自由展会場を訪問 「かわいそうで涙が出た」

表現の不自由展・その後について語る金運成(右)、金曙炅夫妻=名古屋市で2019年8月25日午後5時44分、竹田直人撮影

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が開幕3日で中止になった問題で、元従軍慰安婦を題材とした「平和の少女像」の作家、金運成(キムウンソン)、金曙炅(キムソギョン)夫妻が25日、企画展中止後初めて会場を訪れ、毎日新聞などの取材に応じた。閉鎖されている展示室を見て、曙炅さんは「真っ…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  2. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

  3. 「センスある会食を」 特産和紙の扇子で飛沫防ぐ 福井・越前市が配布

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです