メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「平和の少女像」作家が中止後初、表現の不自由展会場を訪問 「かわいそうで涙が出た」

表現の不自由展・その後について語る金運成(右)、金曙炅夫妻=名古屋市で2019年8月25日午後5時44分、竹田直人撮影

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が開幕3日で中止になった問題で、元従軍慰安婦を題材とした「平和の少女像」の作家、金運成(キムウンソン)、金曙炅(キムソギョン)夫妻が25日、企画展中止後初めて会場を訪れ、毎日新聞などの取材に応じた。閉鎖されている展示室を見て、曙炅さんは「真っ…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです