「平和の少女像」作家が中止後初、表現の不自由展会場を訪問 「かわいそうで涙が出た」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
表現の不自由展・その後について語る金運成(右)、金曙炅夫妻=名古屋市で2019年8月25日午後5時44分、竹田直人撮影
表現の不自由展・その後について語る金運成(右)、金曙炅夫妻=名古屋市で2019年8月25日午後5時44分、竹田直人撮影

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が開幕3日で中止になった問題で、元従軍慰安婦を題材とした「平和の少女像」の作家、金運成(キムウンソン)、金曙炅(キムソギョン)夫妻が25日、企画展中止後初めて会場を訪れ、毎日新聞などの取材に応じた。閉鎖されている展示室を見て、曙炅さんは「真っ…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

あわせて読みたい

注目の特集